跡無事(読み)あとなしごと

精選版 日本国語大辞典の解説

あとなし‐ごと【跡無事】

〘名〙
① 語義未詳。なぞのこと、先例の無いこと、難問の意か。一説に、②と同意。
※書紀(720)朱鳥元年正月(北野本訓)「朕王卿に問ふに、無端事(アトナシコト)を以てす。仍りて対へて言すに実を得ば、必ず賜ふこと有らむ」
② 根拠の無いこと。道理に合わないこと。とりとめの無いこと。
ささめごと(1463‐64頃)上「跡なし事につれなしづくり侍るも、罪深きわざなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android