難問(読み)なんもん

精選版 日本国語大辞典「難問」の解説

なん‐もん【難問】

〘名〙
① (━する) 非して返答を強要すること。
※私聚百因縁集(1257)五「王臣同く金剛法師の難(ナンモン)理を得たるの色なり」 〔後漢書‐班固伝〕
② 解決・解答の困難な質問や問題。難問題
※咄本・一休咄(1668)三「男もけうがるくせものにて、むつかしく難問(ナンモン)をかけんと思ひけるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「難問」の解説

なん‐もん【難問】

解決・回答などのむずかしい問題。「難問に挑戦する」「難問をかかえる」
非難して返答を迫ること。
「諸宗こぞって―し」〈浄・大原問答〉
[類語]問題難題難件ごたごたトラブルいざこざ揉め事騒ぎ悶着摩擦どさくさ波乱小競り合い喧嘩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「難問」の解説

【難問】なんもん

問題を論難する。〔後漢書、班固伝〕肅宗(もと)よりを好み、固幸せらるるを得たり。~大議れば、問し、に辨論せしむ。賞賜恩甚だ渥(あつ)し。

字通「難」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android