跡狂言(読み)あときょうげん

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐きょうげん ‥キャウゲン【跡狂言】

〘名〙 歌舞伎興行で、開演後観客の不入り、俳優の病気等の事情のため、追加したり差し替えたりする別の狂言。また、江戸では稲荷祭を行なう二月初午の日(都合によっては別の日)から、初春狂言のほかに、その続き、または別に二、三幕位の追加の幕をつけた、その狂言の称。跡出し。
※劇場新話(1804‐09頃)上「二月初午、跡狂言の初日也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android