路上観察(読み)ろじょうかんさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身の周りのあらゆる事物を観察の対象として,無目的かつ無意識的な路上の物件の面白さをあるがままに観察しあるいは採集する行動,フィールドワーク。 1986年に赤瀬川原平藤森照信南伸坊らを中心メンバーに路上観察学会を結成。その調査研究は今和次郎,吉田謙吉考現学の視点を原点に森羅万象を対象とする。たとえば,ハリガミ,マンホールのフタ,超芸術トマソン,セーラー服,建物のカケラ,壺庭などなど,現代的機能からズレたものの面白さに照明を当て,現代的価値観の相対化を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路上観察の関連情報