コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路上観察 ろじょうかんさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

路上観察
ろじょうかんさつ

身の周りのあらゆる事物を観察の対象として,無目的かつ無意識的な路上の物件の面白さをあるがままに観察しあるいは採集する行動,フィールドワーク。 1986年に赤瀬川原平藤森照信南伸坊らを中心メンバーに路上観察学会を結成。その調査研究は今和次郎吉田謙吉考現学の視点を原点に森羅万象を対象とする。たとえば,ハリガミ,マンホールのフタ,超芸術トマソンセーラー服,建物のカケラ,壺庭などなど,現代的機能からズレたものの面白さに照明を当て,現代的価値観の相対化を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

路上観察の関連キーワード荒俣宏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路上観察の関連情報