コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤瀬川原平 アカセガワゲンペイ

5件 の用語解説(赤瀬川原平の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかせがわ‐げんぺい〔あかせがは‐〕【赤瀬川原平】

[1937~2014]美術家・小説家。神奈川の生まれ。本名、克彦。千円札を模した作品を制作・発表し、通貨及証券模造取締法違反に問われ有罪となる。「朝日ジャーナル」「ガロ」誌などにイラストを連載。また、尾辻克彦の名で小説を執筆し、「父が消えた」で芥川賞を受賞するなど、幅広く活躍。直木賞作家の赤瀬川隼(しゅん)は実兄。著「超芸術トマソン」「新解さんの謎」「老人力」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤瀬川原平【あかせがわげんぺい】

前衛美術家,漫画家,作家,エッセイスト神奈川県横浜市生れ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術大学油絵学科中退。父親の転勤で大分県大分市で育つ。兄は直木賞作家の赤瀬川隼(しゅん),さらに兄と磯崎新旧制中学同級生であり,磯崎が赤瀬川家によく遊びに来ていた。
→関連項目名古屋市美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤瀬川原平 あかせがわ-げんぺい

1937-2014 昭和後期-平成時代の美術家,小説家。
昭和12年3月27日生まれ。直木賞作家・赤瀬川隼の弟。昭和35年ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ,38年ハイレッド・センターを結成。40年1000円札の模造作品で起訴された。54年尾辻克彦の名で小説を発表し,56年「父が消えた」で芥川賞。61年藤森照信らと路上観察学会を結成。平成10年「老人力」(11年毎日出版文化賞)を出版。平成26年10月26日死去。77歳。神奈川県出身。武蔵野美術学校(現・武蔵野美大)中退。本名は克彦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

赤瀬川原平

日本の前衛美術家、作家、随筆家。本名、赤瀬川克彦。1937年、神奈川県生まれ。50年代末より、美術学校で油絵などを学びながら美術展に出品、前衛芸術家として活動を始める。60年には同世代の芸術家たちと「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を結成。63年、高松次郎(故人)・中西夏之と結成した「ハイレッド・センター」で様々なものを梱包する立体作品を発表した。63年、千円札を題材にした作品などで通貨及証券模造取締法違反に問われ、70年、最高裁執行猶予付き有罪となった。70年代にはマンガ・文学などのジャンルに活動を広げ「尾辻克彦」(おつじかつひこ)のペンネームで執筆を開始。81年、短編『父が消えた』(文藝春秋)で第84回芥川賞を受賞。また散歩を好み、街中にある役に立たない奇妙なものを「トマソン」と命名、雑誌連載をして話題となり、85年には『超芸術トマソン』(白夜書房)を発行。友人達と「路上観察学会」を創設するなど多方面にわたるユニークな活動で知られた。98年のエッセー集『老人力』(筑摩書房)はベストセラーとなり、同年の新語・流行語大賞を受賞した。2014年10月26日、敗血症のため死去。享年77。

(2014-10-28)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤瀬川原平
あかせがわげんぺい
(1937―2014)

美術家、小説家。大分県生まれ。本名克彦(かつひこ)。愛知県立旭丘高校美術科から武蔵野美術学校(現、武蔵野美術大学)に進学するが、1957年(昭和32)に中退。早くから作家活動を開始し、1958年には東京・渋谷道玄坂の喫茶店「コーヒーハウス」で初個展を開催した。
 1960年、美術家篠原有司男(うしお)(1932― )や荒川修作らと「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を結成。読売アンデパンダン展を中心に作品を発表する一方、1963年高松次郎、中西夏之(なつゆき)とそれぞれの姓の頭文字である高・赤・中にちなんで「ハイレッド・センター」を結成。以後同グループは街中でハプニングを引き起こし、知覚と現実の間にギャップを生じさせる「ミキサー計画」を実行し、また多くのコラージュ作品を制作。読売アンデパンダン展などで、若手アーティストの型破りな活動に注目が集まっていた反芸術の熱狂のなかで精力的に活動した。
 1963年、東京・新宿第一画廊での個展「あいまいな海」で千円札を模した作品を出品。以後同じく千円札を模した梱包作品やダイレクト・メールなどを制作、発表したが、作品が通貨及証券模造取締法違反に問われたため、「表現の自由」などを争点に法廷で争う。この「千円札裁判」は、1970年最高裁判所上告審で赤瀬川の敗訴が確定した。また1970年には初の著書『オブジェを持った無産者』を刊行。同年より『朝日ジャーナル』誌に連載したイラスト「櫻画報」は当時の代表的な作品で、ほかにも『美術手帖』『終末から』『現代の眼』『ガロ』誌を舞台に活動を展開。1970年には美学校(1969年開校の東京にある美術専門学校)で「絵・文学」「考現学」の講義を開始するなど、教育活動も行う。
 1986年藤森照信、イラストレーターの林丈二(1947― )、南伸坊(1947― )らと「路上観察学会」を結成、街中の風景のなかから利用目的不明の物体を探して「超芸術トマソン」と命名するフィールドワークを実施。その他にも、「脳内開発事業団」「ライカ同盟」などの活動や勅使河原宏(てしがわらひろし)監督の映画『利休』(1989)の共同脚本執筆、明治期の反体制ジャーナリスト宮武外骨(みやたけがいこつ)の研究などを行う。さらに尾辻克彦名義で小説を執筆、1981年には『父が消えた』で第84回芥川賞受賞、1983年には『雪野』で野間文芸新人賞を受賞するなど、関心と活動の幅は極めて広い。
 その後高齢になると起こる記憶力の低下などを「老人力がついた」といい替える新しい価値観を示した『老人力』(1998、毎日出版文化賞)がベストセラーとなり、横浜トリエンナーレ(2001、横浜美術館)にもコンセプチュアルな作品を出品。また、美術史家の山下裕二(1958― )と「日本美術応援団」を結成して、数多くの共著を出版した。直木賞作家の赤瀬川隼(しゅん)(1931―2015)は実兄。[暮沢剛巳]
『『オブジェを持った無産者』(1970・現代思潮社) ▽『老人力』(1998・筑摩書房) ▽『東京ミキサー計画』『反芸術アンパン』『超芸術トマソン』(ちくま文庫) ▽『桜画報大全』(新潮文庫) ▽尾辻克彦著『雪野』(1983・文芸春秋) ▽尾辻克彦著『父が消えた』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤瀬川原平の関連キーワード登録記念物中国映画田爪愛里あゆみくりかまきHAPPY日活(株)緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤瀬川原平の関連情報