コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田謙吉 よしだけんきち

3件 の用語解説(吉田謙吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田謙吉
よしだけんきち

[生]1897.2.10. 東京
[没]1982.5.1. 東京
舞台美術家東京美術学校 (現東京芸術大学) 図案科卒業。在学中二科会に初入選,新劇の公演などにも出演。 1924年築地小劇場の発足に美術部宣伝部員として参加,第1回公演『海戦』の装置と衣装を担当し,表現主義風の美術で注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田謙吉 よしだ-けんきち

1897-1982 大正-昭和時代の舞台装置家。
明治30年2月10日生まれ。大正13年築地小劇場の創設の際,「海戦」の舞台装置・衣装を担当。以後表現主義的な舞台装置で注目された。また師の今和次郎(こん-わじろう)と「モデルノロヂオ(考現学)」を刊行。昭和57年5月1日死去。85歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田謙吉
よしだけんきち
(1897―1982)

舞台美術家。東京・日本橋生まれ。東京美術学校図案科卒業。17歳で二科会に『演劇人』で初入選、以来村山知義(ともよし)らと新興美術運動に参加。1924年(大正13)築地(つきじ)小劇場の創立にあたり宣伝・美術部員として参加、第1回公演『海戦』に表現主義装置を発表。その後土方与志(ひじかたよし)演出による『狼(おおかみ)』『ヴェニスの商人』の丸太式組立て舞台により新進装置家として認められる。以来舞台美術家として各分野に活躍した。著書に『舞台装置者の手帖(てちょう)』『築地小劇場の時代』がある。[大木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田謙吉の関連キーワード田中良穴沢喜美男木村時子釘町久磨次小森敏遠山静雄常盤操子花柳喜章伏見直江六条奈美子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田謙吉の関連情報