コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路豊永 みちの とよなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

路豊永 みちの-とよなが

?-? 奈良時代の官吏。
道鏡の師。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)称徳天皇勅使として宇佐八幡に神託をうけにいく和気清麻呂(わけの-きよまろ)に対し,道鏡が皇位につくのを容認しないという意思をつたえた。延暦(えんりゃく)10年従五位下,左京亮となる。通称は路公。名は豊長ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

路豊永の関連キーワード護王神社奈良時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android