路豊永(読み)みちの とよなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

路豊永 みちの-とよなが

?-? 奈良時代の官吏。
道鏡の師。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)称徳天皇勅使として宇佐八幡に神託をうけにいく和気清麻呂(わけの-きよまろ)に対し,道鏡が皇位につくのを容認しないという意思をつたえた。延暦(えんりゃく)10年従五位下,左京亮となる。通称は路公。名は豊長ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android