コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踉蹌 ロウソウ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐そう〔ラウサウ〕【××蹌】

[ト・タル][文][形動タリ]ふらふらとよろめくさま。蹌踉。
「石を躡(ふ)み、巌を廻り…―として近(ちかづ)き見れば」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうそう【踉蹌】

( トタル ) [文] 形動タリ 
よろめくさま。蹌踉。 「心地死ぬべく-として近づき見れば/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踉蹌の関連キーワードトタル蹌踉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android