コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏切番 ふみきりばん

大辞林 第三版の解説

ふみきりばん【踏切番】

踏切にいて、列車が通過する時に遮断機を下ろしたりして安全を守る人。踏切警手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踏切番の関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)踏切番ティール竹内芳松遮断機

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android