コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏舞 トウブ

デジタル大辞泉の解説

とう‐ぶ〔タフ‐〕【踏舞】

[名](スル)足拍子をとって舞をまうこと。また、その舞。舞踏。
「恰もフロレンスの―するを好まざるが如し」〈織田訳・花柳春話

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうぶ【踏舞】

( 名 ) スル
舞うこと。舞踏。 「妾稀れに-すれども深く好む所に非らず/花柳春話 純一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踏舞の関連キーワード西川 鯉三郎(初代)西川鯉三郎(初代)アイヌ音楽中西夏之足拍子匹偶舞踏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android