コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分社会 みぶんしゃかいStändegesellschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身分社会
みぶんしゃかい
Ständegesellschaft

固定化された地位としての身分を集団構成の原理とし,全体として支配秩序によって編成されている社会。身分社会は,江戸時代の日本 (士農工商) ,中世西欧 (国王と貴族の第一身分,聖職者の第二身分,市民の第三身分) ,インドのカースト制,古代ギリシア・ローマ (貴族,平民の自由民と奴隷) など多くの地でみられた。それは,生れつき決定されている身分の世襲 (職業の世襲) ,相異なる身分間での通婚の禁止,身分ごとに特有の生活様式 (衣服,教育など) を特徴とする固定的で閉鎖的な社会であり,業績主義を中心とする変動的で開放的な近代社会とは対照的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

身分社会の関連キーワード文化進化主義社会契約説ドイツ文学大義名分論統治契約学歴社会伝統主義立身出世復古神道農奴制卑しい

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身分社会の関連情報