コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車戸宗功 くるまど むねいさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

車戸宗功 くるまど-むねいさ

1835-1903 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)6年2月10日生まれ。平田篤胤(あつたね)門の国学者で,近江(おうみ)(滋賀県)多賀神社自邸を諸国勤王派の交流の場とする。近江彦根藩と,その動向をさぐる長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩,土佐高知藩との意思疎通をはかる。維新後,高宮神社の社掌となった。明治36年1月8日死去。69歳。通称は造酒。名は「むねたか」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

車戸宗功の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android