コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車戸宗功 くるまど むねいさ

1件 の用語解説(車戸宗功の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

車戸宗功 くるまど-むねいさ

1835-1903 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)6年2月10日生まれ。平田篤胤(あつたね)門の国学者で,近江(おうみ)(滋賀県)多賀神社の自邸を諸国勤王派の交流の場とする。近江彦根藩と,その動向をさぐる長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩,土佐高知藩との意思疎通をはかる。維新後,高宮神社の社掌となった。明治36年1月8日死去。69歳。通称は造酒。名は「むねたか」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

車戸宗功の関連キーワードプラット修正ロシア映画フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ宇治紫文(3代)高橋泥舟

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone