コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社掌 シャショウ

大辞林 第三版の解説

しゃしょう【社掌】

旧制の神職の称。祠掌の後身。府県社および郷社では社司の下に置かれた。村社・無格社では一切の社務をつかさどった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

社掌の関連キーワード川合 清丸野路井孝治車戸宗功川合清丸吉鷹正信大島義矩田中千弥足利義嗣後身旧制祠掌社務

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android