コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車斯忠 くるま これただ

1件 の用語解説(車斯忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

車斯忠 くるま-これただ

?-1602 織豊-江戸時代前期の武士。
常陸(ひたち)(茨城県)の佐竹義重につかえ,元亀(げんき)2年(1571)赤館城代。一時,蒲生氏郷(がもう-うじさと)や上杉景勝の客将となり,のち常陸へもどる。徳川氏による佐竹氏の秋田移封に反対し,慶長7年水戸城の奪回をくわだてたが失敗,処刑された。通称は丹波守(たんばのかみ)。名は「つなただ」「のりただ」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

車斯忠の関連キーワード本願寺本願寺伝通院伝通院ホルイギリス音楽日本海および海底地名の変更要求バーレーン唐津城小野薬品工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone