軍君(読み)こにきし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

軍君 こにきし

?-477 百済(くだら)(朝鮮)の王子。
日本書紀」によれば加須利君(かすりのきし)(蓋鹵(こうろ)王)の弟で,雄略(ゆうりゃく)天皇5年加須利君は日本への女性の献上をやめて,軍君を派遣し天皇につかえさせたという。「三国史記」によれば文周王の弟で,文周王3年内臣左平となるが,同年7月死去。昆支(こにき),琨支とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android