コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍道紙(ぐんどうし)

デジタル大辞泉プラスの解説

軍道紙(ぐんどうし)

東京都あきる野市で生産される和紙。原料はコウゾ大坂夏の陣落武者が製造技術を伝えたとされる。1960年代に製造が途絶えたが、1987年にその技術の伝承・保存を目的に当事五日市町が工房を建設、体験施設として歴史を伝えている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

軍道紙(ぐんどうし)の関連キーワード東京都あきる野市乙津東京都あきる野市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android