コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野市 のいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野市
のいち

高知県東部,香南市西部の旧町域。香長平野物部川下流東岸にある。 1926年町制施行。 1955年佐古村,富家村,香宗村と合体。 2006年赤岡町,香我美町,夜須町,吉川村と合体して香南市となった。江戸時代に土佐藩家老の野中兼山が香長平野開発の拠点としたところで,米の二期作,野菜の促成栽培が行なわれる農業先進地。四国八十八ヵ所第 28番札所大日寺で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野市
のいち

高知県中央部、香美(かみ)郡にあった旧町名(野市町(ちょう))。現在は香南(こうなん)市の西部を占める地域。高知平野東部に位置する。旧野市町は、1926年(大正15)町制施行。1955年(昭和30)香宗(こうそう)、富家(ふけ)、佐古(さこ)の3村と合併。2006年(平成18)赤岡、香我美(かがみ)、夜須(やす)の3町および吉川村と合併して市制施行、香南市となった。物部(ものべ)川下流左岸の台地、香宗川下流低地、三宝(さんぽう)山を中心とする丘陵部とから構成される。台地面は江戸時代初期に土佐藩執政の野中兼山(けんざん)が灌漑(かんがい)水路を掘削、郷士募集により開田化された新田地帯。かつての二期作にかわり、施設園芸、早掘りサツマイモなどを主とした農業が盛ん。中心街区は、新田開発に伴って設置された市町に由来。近時住宅地化が進んでいる。国道55号、龍河洞(りゅうがどう)スカイラインが通じる。2002年土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線が開通した。四国八十八か所第28番札所の大日(だいにち)寺は木造大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)(国指定重要文化財)などを蔵する。兎田(うさいだ)八幡宮所蔵の銅剣も国の重要文化財に指定されている。佐古地区には、応天門の変(866)に連坐して配流されたと伝えられる紀夏井(きのなつい)邸跡(県指定史跡)がある。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野市の関連キーワード新潟県阿賀野市中牧野新村新田新潟県阿賀野市山倉村新田地先新潟県阿賀野市七島村古新田新潟県阿賀野市中村新村新田新潟県阿賀野市宮島村新田新潟県阿賀野市百津潟新田長野県安曇野市明科南陸郷新潟県阿賀野市山口村新田長野県安曇野市穂高北穂高長野県安曇野市明科東川手新潟県阿賀野市みそら野町新潟県阿賀野市宮下村新田新潟県阿賀野市七浦村新田長野県安曇野市明科中川手長野県安曇野市堀金三田長野県安曇野市三郷小倉新潟県阿賀野市山倉新田新潟県阿賀野市水ケ曽根新潟県阿賀野市南安野町長野県安曇野市穂高柏原

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野市の関連情報