コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒廊御卜 こんろうのみうら

1件 の用語解説(軒廊御卜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こんろうのみうら【軒廊御卜】

平安時代以来,朝廷で行われた卜占。干ばつ・霖雨などの天災,宮中・社寺等における怪異などに際し,内裏紫宸殿の軒廊で神祇官の亀卜および陰陽寮の式占(式盤を用いる占)が行われた。とくに一代一度大嘗祭の悠紀(ゆき)・主基(すき)国郡卜定は重視され,大臣が勅を奉じて神祇官の官人を召し,軒廊において亀卜を行わせた。現在の京都御所の軒廊は,紫宸殿の東階の下から宜陽殿(ぎようでん)に渡る吹き放しの廊で,しっくいの地面にはめ込まれた方形の平石が亀卜を行った跡である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

軒廊御卜の関連キーワード塩鉄論吉書の奏除目節会相撲平安時代三箇の重事土御門八墓母屋の大饗

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone