コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干ばつ かんばつ

百科事典マイペディアの解説

干ばつ【かんばつ】

本来は旱魃と記す。長期間降水がほとんどないため土壌が著しく乾燥し農作物などに被害(干害)を及ぼす現象。気温が高く蒸発散のはげしい地域で起こりやすく,熱帯地方の雨季・乾季の交代期のずれ,季節風地帯での高気圧の発達状況と関連して発生。
→関連項目環境難民気象災害砂漠化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

干ばつの関連キーワード砂漠化および干ばつと闘う世界デー異常気象に苦しむオーストラリアオーストラリアの気候と農業砂漠と砂漠化に関する国際年ラッセル ドライスデールモクテスマ[1世]長禄・寛正の飢饉干ばつ(旱魃)北太平洋高気圧砂漠化対処条約ペシャワール会フォルタレザトバゴ[島]ジュアゼイロカンガセイロ滝宮の念仏踊UNDROロール現象サヘル地域土成[町]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干ばつの関連情報