軒廊(読み)こんろう

精選版 日本国語大辞典「軒廊」の解説

こん‐ろう ‥ラウ【軒廊】

〘名〙 屋根つきの渡り。多く宮殿と対の屋とのつなぎに敷設する。特に、宮中の紫宸殿東面の階下から宜陽殿に続く吹きさらしの廊をいう。
御堂関白記‐寛弘元年(1004)八月一日「右府旱行御占

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軒廊」の解説

こん‐ろう〔‐ラウ〕【軒廊】

屋根つきの渡り廊。多く宮殿と対の屋とのつなぎに設けられる。特に、宮中の紫宸殿ししんでん東面の階下から宜陽殿に続く廊をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軒廊の言及

【廊下】より

…寺院や内裏では,中庭を囲んで門や建物を結ぶ回廊が設けられた。回廊は床が土間で,一方の側面だけを壁や連子窓(れんじまど)にするものが多く,紫宸殿の南庭を囲む回廊は軒廊(こんろう)と呼ばれた。平安時代の貴族住宅の様式である寝殿造では,寝殿や対屋(たいのや)を相互に結ぶ廊が多く見られ,渡殿(わたどの)という別称も使われた。…

※「軒廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android