コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒廊 こんろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軒廊
こんろう

近廊とも書き,車廊ともいう。平安京内裏正殿紫宸殿回廊上屋 (うわや) があり,下は土間で宜陽殿へ通じ,日華門へいたる。天変地異があるとここで亀甲を焼き吉凶を判断したという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐ろう〔‐ラウ〕【軒廊】

屋根つきの渡り廊。多く宮殿と対の屋とのつなぎに設けられる。特に、宮中の紫宸殿(ししんでん)東面の階下から宜陽殿に続く廊をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんろう【軒廊】

〔「こん」は呉音〕
寝殿造りで、主要殿舎の左右に付く、屋根のある土間床の渡り廊下。特に、紫宸殿の南庭を囲む回廊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の軒廊の言及

【廊下】より

…寺院や内裏では,中庭を囲んで門や建物を結ぶ回廊が設けられた。回廊は床が土間で,一方の側面だけを壁や連子窓(れんじまど)にするものが多く,紫宸殿の南庭を囲む回廊は軒廊(こんろう)と呼ばれた。平安時代の貴族住宅の様式である寝殿造では,寝殿や対屋(たいのや)を相互に結ぶ廊が多く見られ,渡殿(わたどの)という別称も使われた。…

※「軒廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軒廊の関連キーワード軒廊の御卜軒廊御卜寝殿造り渡り廊下伊和神社土間床廊下南庭卜定呉音

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android