コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転呼音 テンコオン

デジタル大辞泉の解説

てんこ‐おん【転呼音】

語中・語尾の音を、その語を書き表す仮名自身の発音によらず別の音に発音すること。また、その別の音。「かは(川)」をカワ、「かふ(買ふ)」をカウ、「たう(倒)」をトー、「にんわ(仁和)」をニンナと発音する類。ハ行の仮名をワ行音に発音するものを特に「ハ行転呼音」と呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんこおん【転呼音】

歴史的仮名遣いにおいて、ある仮名がその本来の発音と異なって発音されるものをいう。「かは(川)」を「カワ」、「かうだう(講堂)」を「コードー」と発音するの類。これは音韻の歴史的な変化を示す現象で、特に語中・語尾のハ行音がワ行音に発音されるハ行転呼音をいうことが多い。 → ハ行転呼音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

転呼音の関連キーワード歴史的仮名遣い仮名遣い万葉集中古語語中

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android