転音(読み)てんおん

精選版 日本国語大辞典「転音」の解説

てん‐おん【転音】

〘名〙 語が本来の形を変えること。また、その変わった音。日本語では主として、複合語をつくるの、前の部分の語末におこる母音の転換をいう。酒(さけ)酒樽(さかだる)の「か」、舟(ふね)→舟足(ふなあし)の「な」の
※紅毛雑話(1787)三「紅毛人日本を、ヤパン又ヤポンといふは転音なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転音」の解説

てん‐おん【転音】

二語が連なって複合語をつくる際に音が変わること。また、その音。「あめ()」と「かさ()」とが複合して「あまがさ」となる類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android