軸索輸送(読み)ジクサクユソウ

デジタル大辞泉の解説

じくさく‐ゆそう〔ヂクサク‐〕【軸索輸送】

神経細胞軸索内でたんぱく質神経伝達物質などを移動させる機能。微小管がレールの役割を果たし、キネシンダイニンなどの分子モーターによって物質が運ばれる。
[補説]キネシンは細胞体から軸索末端の方向、ダイニンは軸索末端から細胞体の方向へ向かう輸送に関与する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軸索輸送の言及

【神経系】より

…したがって,軸索の栄養や機能に必要な物質の大部分は細胞体で合成され,はるばる軸索の末端まで輸送されなければならない。このような軸索内の物質の輸送(軸索輸送axoplasmic transport)は,軸索の内部に証明される〈流れ〉,すなわち軸索流axoplasmic flowによって行われている。軸索流による物質の輸送はエネルギーを必要とする過程であって,酸素とATPを必要とし,温度に敏感である。…

※「軸索輸送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android