コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽皇子・軽王 かるのみこ

大辞林 第三版の解説

かるのみこ【軽皇子・軽王】

允恭いんぎよう天皇の皇子。太子であったが、同母の妹軽大郎女かるのおおいらつめとの近親相姦が発覚して失脚。古事記では、伊予に流され、その地で軽大郎女とともに心中したと伝え、日本書紀では、臣下に背かれ、穴穂皇子あなほのみこ(安康天皇)の軍に囲まれ自殺したとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軽皇子・軽王の関連キーワード日本書紀近親相姦安康天皇古事記伊予太子失脚臣下同母

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android