コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽皇子・軽王 かるのみこ

大辞林 第三版の解説

かるのみこ【軽皇子・軽王】

允恭いんぎよう天皇の皇子。太子であったが、同母の妹軽大郎女かるのおおいらつめとの近親相姦が発覚して失脚。古事記では、伊予に流され、その地で軽大郎女とともに心中したと伝え、日本書紀では、臣下に背かれ、穴穂皇子あなほのみこ(安康天皇)の軍に囲まれ自殺したとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軽皇子・軽王の関連キーワード日本書紀近親相姦安康天皇古事記伊予太子失脚臣下同母

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android