コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽皇子・軽王 かるのみこ

1件 の用語解説(軽皇子・軽王の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かるのみこ【軽皇子・軽王】

允恭いんぎよう天皇の皇子。太子であったが、同母の妹軽大郎女かるのおおいらつめとの近親相姦が発覚して失脚。古事記では、伊予に流され、その地で軽大郎女とともに心中したと伝え、日本書紀では、臣下に背かれ、穴穂皇子あなほのみこ(安康天皇)の軍に囲まれ自殺したとされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone