コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽量形鋼 けいりょうかたこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽量形鋼
けいりょうかたこう

厚さ 4mm未満の薄鋼板を冷間圧延することによって形成される形鋼。軽溝形鋼,軽Z形鋼,軽山形鋼,リップ溝形鋼 (C形鋼) ,リップZ形鋼,ハット形鋼,軽角形鋼などがある。このような形鋼による構造体は断面が薄く大きく広がっているため,場所を広くおおうことのできる利点があるが,肉厚が薄いので耐久性に問題がある。これを使用する建築物としては,おもに小規模の屋内運動場,住宅,アパート,倉庫などであるが,特に木構造と併用する場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいりょう‐かたこう〔ケイリヤウかたカウ〕【軽量形鋼】

帯鋼(おびこう)を冷間加工してつくった肉薄の形鋼。重量が軽いわりに強く、加工性にすぐれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軽量形鋼の言及

【形材】より

…この場合,鋼板は曲げられて断面形状を整えていくのであって,圧延とよく似てはいるが,ほとんど断面積の増減は伴わない。厚さ6mm以下の長尺の鋼板を連続的に冷間成形した形鋼は軽量形鋼light gage steelと呼ばれ,プレハブ建築などの建築その他の構造物に用いられている。【木原 諄二】。…

※「軽量形鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軽量形鋼の関連キーワードスチールハウス工法異形軽量形鋼中山三星建材プレハブ建築軽量鉄骨構造異形鋼管広幅帯鋼軽量鉄骨鉄骨構造明鋼材鋼構造帯鋼

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android