コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽間鳥麻呂 かるまの とりまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

軽間鳥麻呂 かるまの-とりまろ

?-? 奈良時代の宮大工。
称徳天皇(在位764-770)のとき大和(奈良県)大安寺の造営などに活躍した。宝亀(ほうき)3年(772)修理次官となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

軽間鳥麻呂の関連キーワード孝謙天皇池田真枚忌部鳥麻呂塩焼王藤原久須麻呂藤原薩雄桜島大日向村の分村移民最低賃金正倉院宝物

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone