輪伐(読み)リンバツ

大辞林 第三版の解説

りんばつ【輪伐】

( 名 ) スル
森林の伐採を区画を決めて順次行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りん‐ばつ【輪伐】

〘名〙 森林の一部分ずつを毎年順次に採していって、伐採し終えたときには最初の部分が利用可能な状態になるような伐採のしかた
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)一二月一二日「御料局に於て年々輪伐する純益は約四百万円に上れる由にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android