コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪状剥皮 りんじょうはくひ girdling

1件 の用語解説(輪状剥皮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪状剥皮
りんじょうはくひ
girdling

環状剥皮ともいう。古くは,植物の通水に役立つのは木質部だけであることを証明するために S.ヘイルズが行なった (1728) 方法であるが,一般的には,果樹などの幹の樹皮を靭皮 (じんぴ) 部に達する深さまで幅 6mm程度で輪状にはぎ取ること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪状剥皮の関連キーワード環状剥皮タンニン植物界通水剥皮・剝皮緊皮スキンナー剥皮剥皮機環状剝皮