コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪番制 リンバンセイ

人事労務用語辞典の解説

輪番制

輪番とは、順番を決めてもちまわりで事に当たること。一定の組織を構成する個人や集団などの各単位で、輪番で何らかの役割や役目を割り当てるルールを「輪番制」といいます。電力の供給不足などに対応するために複数の事業所や工場が協力しあって、あるところが稼働しているときには別のところは停止するというように、操業と休業を交替で行うことを「輪番操業」と呼びます。
(2011/7/11掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

輪番制の関連キーワードネボイシャ ラドマノヴィッチクラウス ウォーウェライト分譲マンションの管理組合ボスニア・ヘルツェゴビナマデレーン オルブライトモリツ ロイエンベルガーアジア太平洋経済協力会議パスカル クシュパンジグメ ティンレイ救急医療と輪番制度欧州理事会常任議長救命救急センターユーゴスラビア史ヨーロッパ理事会高千穂の夜神楽クルト ベックアドルフ オギブータン民主化1~3次救急欧州憲法条約

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪番制の関連情報