コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪番制 リンバンセイ

人事労務用語辞典の解説

輪番制

輪番とは、順番を決めてもちまわりで事に当たること。一定の組織を構成する個人や集団などの各単位で、輪番で何らかの役割や役目を割り当てるルールを「輪番制」といいます。電力の供給不足などに対応するために複数の事業所や工場が協力しあって、あるところが稼働しているときには別のところは停止するというように、操業と休業を交替で行うことを「輪番操業」と呼びます。
(2011/7/11掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

輪番制の関連キーワードネボイシャ ラドマノヴィッチクラウス ウォーウェライトボスニア・ヘルツェゴビナモリツ ロイエンベルガー分譲マンションの管理組合マデレーン オルブライトアジア太平洋経済協力会議パスカル クシュパン欧州理事会常任議長ジグメ ティンレイユーゴスラビア史ミクロネシア連邦ヨーロッパ理事会救命救急センタークルト ベックアドルフ オギ高千穂の夜神楽ブータン民主化欧州憲法条約ガジ ヤワル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪番制の関連情報