輪郭画(読み)りんかくが(英語表記)outline drawing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「輪郭画」の解説

輪郭画
りんかくが
outline drawing

物象を表現するのに線で囲む方法を用いた絵画。線を用いたシルエットで,コントゥールと区別する。西洋のルネサンス期の作品には力強い明確な線による輪郭がみられ,東洋の墨画は肥痩抑揚のある線で表わされている。輪郭線が特に重視されたのは,ヨーロッパの 18世紀後半から 19世紀にかけての新古典主義の時代で,J.ダビッド,J.アングルの絵画,A.カノーバ,A.トルバルセンの彫刻には,明確で純粋な輪郭に対する大きな関心がうかがえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android