コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入の安全弁効果 ゆにゅうのあんぜんべんこうかcooling effects of import on domestic prices

1件 の用語解説(輸入の安全弁効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入の安全弁効果
ゆにゅうのあんぜんべんこうか
cooling effects of import on domestic prices

1985年9月のプラザ合意以降の円高期において,交易条件の変化により輸入品の円建て価格が低下し,国内製品との相対価格比で割安となったため輸入数量が増加し,国内財との代替効果により国内物価,特に卸売物価の安定に寄与したとする見方。また間接的効果として,原油などの工業用原料の価格低下が,投入・産出構造を通じて生産物のコスト低下に波及したこともあげられる。安定的成長持続のためには,市場開放を進め自由な流通制度が不可欠である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸入の安全弁効果の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明松本典子セラミック・ターボチャジャー鉱山災害

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone