コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入の安全弁効果 ゆにゅうのあんぜんべんこうかcooling effects of import on domestic prices

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入の安全弁効果
ゆにゅうのあんぜんべんこうか
cooling effects of import on domestic prices

1985年9月のプラザ合意以降の円高期において,交易条件の変化により輸入品の円建て価格が低下し,国内製品との相対価格比で割安となったため輸入数量が増加し,国内財との代替効果により国内物価,特に卸売物価の安定に寄与したとする見方。また間接的効果として,原油などの工業用原料の価格低下が,投入・産出構造を通じて生産物のコスト低下に波及したこともあげられる。安定的成長持続のためには,市場開放を進め自由な流通制度が不可欠である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

輸入の安全弁効果の関連キーワード平成景気

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android