コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入脚症候群 ゆにゅうきゃくしょうこうぐんafferent loop syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入脚症候群
ゆにゅうきゃくしょうこうぐん
afferent loop syndrome

胃切除術後,十二指腸断端を閉鎖して残胃と空腸を吻合するビルロート法を行なった場合,食物がもっぱら輸入脚のほうに進入してたまり,食後 10~30分で上腹部膨満感,腹痛,吐き気,嘔吐などの症状が出ることがある。重症になると,輸入脚に壊死潰瘍をつくり,出血,穿孔を起して腹膜炎,ショック状態におちいる。これを輸入脚症候群という。原因としては輸入脚の癒着ねじれ,手術時の胃切除部への吊上げの不十分なことなどが考えられる。診断はX線検査で容易である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸入脚症候群の関連キーワード胃手術後障害(胃手術後遺症)盲管症候群

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android