コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出代替効果 ゆしゅつだいたいこうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出代替効果
ゆしゅつだいたいこうか

製造業が生産を海外現地生産に切替えることで,これまで輸出していた製品が現地産品にとって代られ,輸出が減少すること。海外投資した初期の段階では,生産設備などの資本財や組付け用部品を日本から運ぶ必要があるため輸出はふくらむが,現地生産が軌道にのり部品の現地調達率が上がれば,輸出は減少傾向に転じる。現地需要に加えて日本への逆輸出などが始るなら,日本の貿易黒字削減に一層寄与することになる。貿易不均衡是正のためには家電や自動車産業,関連部品メーカーなどが海外生産を拡大し,輸出代替効果を生むことが必要とみられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸出代替効果の関連キーワード製造業

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android