轆轤首(読み)ろくろくび

精選版 日本国語大辞典「轆轤首」の解説

ろくろ‐くび【轆轤首】

〘名〙
が長くて、自由に伸び縮みするばけもの。また、その見世物。抜けくび。
※俳諧・鷹筑波(1638)二「夜ぬけにぬけし人はおそろし 月にしもみつけにけりなろくろ首(クビ)重次〉」
② 首を長くして待つことをたとえていう語。

ろくろっ‐くび【轆轤首】

〘名〙 「ろくろくび(轆轤首)」の変化した語。
※雑俳・柳籠裏(1783‐86)五月二八日「朝帰りろくろっ首の母が出る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「轆轤首」の解説

轆轤首
(通称)
ろくろっくび

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
新田万次郎
初演
明治30.10(東京・春木座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android