辰宿(読み)シンシュク

  • ×辰宿

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「辰」は星) 星宿(せいしゅく)。恒星の天球上での区分。星座。
※羅葡日辞書(1595)「Astrum〈略〉Xinxucu(シンシュク)、ホシノ ヤドリ」 〔晉書‐天文志〕
[補注]「宿」の本来の字音は、星座の意味ではシウ(「集韻」に「息救切」)で、「色葉字類抄」には「辰宿 シンシウ」とあるが、中世には一般に居住のシュクと区別なく読まれるようになったらしい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android