辱知(読み)ジョクチ

大辞林 第三版の解説

じょくち【辱知】

〔自分を知っていてくださるの意〕
知り合いであることを謙遜していう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょく‐ち【辱知】

〘名〙 (知をかたじけなくするの意) その人と知り合いであることを光栄に思ってへりくだっていう語。交。
※徂徠集(1735‐40)三〇「不佞辱知以来、垂二十年
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録四「マルツラバース君の辱知(ヂョクチ)を忝ふする所以なり」 〔白居易‐寄献北都留守裴令公詩序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android