(読み)ジョク

デジタル大辞泉の解説

じょく【辱】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョク(漢) ニク(呉) [訓]はずかしめる はじる はじ かたじけない かたじけなくする
体面を傷つけ、くじけた気持ちにさせる。はずかしめ。はじ。「栄辱汚辱屈辱国辱雪辱恥辱侮辱
相手から好意を受けることをへりくだっていう語。「辱交辱知辱友
[難読]忍辱(にんにく)

にく【辱】[漢字項目]

じょく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょく【辱】

〘名〙
① はずかしめ。はじ。
※史記抄(1477)一九「栄と云辱と云事は衣食の事かけぬほどにあっての沙汰そ」 〔史記‐管仲伝〕
② かたじけない意向。
※空華日用工夫略集‐永和二年(1376)八月一九日「余就于兵部第、懇説府命之辱

はずかし‐・む はづかし‥【辱】

〘他マ下二〙 ⇒はずかしめる(辱━)

はずかしめ はづかしめ【辱】

〘名〙 (動詞「はずかしめる(辱━)」の連用形の名詞化) はずかしめること。不面目な思い。はじ。恥辱。
黄表紙・辞闘戦新根(1778)「さもなくば我(わが)りゃうかんくちざる内に、しょく人のためにはづかしめをごらんあるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android