コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農振法 のうしんほうLaw of Arrangement on the Agriculture Promoting Areas

2件 の用語解説(農振法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農振法
のうしんほう
Law of Arrangement on the Agriculture Promoting Areas

正式名は「農業振興地域の整備に関する法律」。 1968年に制定された都市計画法に呼応して,優良農地確保のための地域計画制度導入の必要から,翌年制定された。これら法律は 74年に国土利用計画法を結実させた。その結果を受けて,農地の利用効率向上および流動化促進の観点から,農用地交換分合と特定利用権の設定に関して,75年に追加改正された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone