コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換分合 こうかんぶんごう

6件 の用語解説(交換分合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交換分合
こうかんぶんごう

分散したり入組んでいる圃場の交換,合併,分割を行うことにより,圃場の集団化 (団地化) をはかること,またはその手段。自作地の交換分合は 1950年からの 10年間で約 160万 haも行われていたが,適用が農振地域農用地区域の変更の場合のみに限られていたこともあり,その後激減しあまり行われていなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうかん‐ぶんごう〔カウクワンブンガフ〕【交換分合】

土地の利用を増進するために、土地の交換・分割・合併をすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

交換分合【こうかんぶんごう】

農民が分散している耕地を相互に交換し,自己の経営耕地を集団化すること。日本のように零細な経営耕地が1戸当り幾ヵ所にも分散している状態では経営の合理化はできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

農林水産関係用語集の解説

交換分合

細分・分散している農用地を、区画、形状等を変更することなく、地域ぐるみで所有権などの権利を交換することによって、広く使いやすい農用地にまとめる(集団化する)こと。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうかんぶんごう【交換分合】

日本の農業の特徴の一つに分散圃場,すなわち同一経営に属する圃場が数ヵ所に分散している状況がある。分散圃場は合理的な農業経営という観点から大きなデメリットになる。しかも今日では農業機械化がいちじるしく進んでいるため,大型機械の稼働能率が低下し,スケールメリットを十分に発揮することはできないなど,分散圃場のもつ問題はさらに深刻である。こういう状況で,1戸当り経営面積の拡大とともに,圃場区画を大きくし,分散圃場を集団化させることが日本農業の生産力を飛躍的に高める鍵とみなされているが,分散圃場の集団化の手段に交換分合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかんぶんごう【交換分合】

土地利用の増進の目的で、所有権などの権利を交換・分割・合併する行政処分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の交換分合の言及

【公用換地】より

…一定の計画に従い,公共施設の配置を定めるとともに,土地の区画を整理し形質に変更を加え,換地を割り当て,既存の建物を換地に移転したうえで,従前の土地の権利関係になんらの変更を加えることなく,そのまま換地上に移行させる過程をいう。土地の合理的な利用を増進するために,一定地区内の土地の区画,形質を変更し,権利者の意思にかかわりなく,土地の所有権を強制的に交換分合することを内容とする一種の公用負担である。土地区画整理法(1954公布)に基づく土地区画整理事業や,土地改良法(1949公布)に基づく土地改良事業がこの手法によって行われている。…

【公用負担】より

…公用収用は,公共事業の用に供するために,特定の財産権を強制的に取得するもので,土地収用がその中心である。公用権利変換は,土地の合理的な利用を増進するために,一定地区内の土地の区画,形質を変更し,権利者の意思にかかわらず土地の所有権を強制的に交換分合する手法である。これには,土地区画整理事業にみられるような公用換地と都市再開発事業の場合の権利変換がある。…

【土地改良】より

…したがってそこに充当された農業資本はより生産的になる。第2の形態は,区画形状の変更による大区画圃場の造成,交換分合による圃場の集団化,農道の整備等により,高性能の農業機械の導入を容易にする土地改良で,これにより農業労働時間は節減され,労働生産性も向上する。この形態の土地改良は,第1の形態とは異なり,農業技術の進歩と結びつくことによって,はじめてその投資効果が期待できる。…

※「交換分合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

交換分合の関連キーワードブランド化特徴農業機械農業金融零細農農協・その他の農業団体農業経営者散在集落農業人口農業統計日本学校農業クラブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone