コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業余話 のうぎょうよわ

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうよわ【農業余話】

摂津国佐保村(現,大阪府茨木市)の小西篤好(あつよし)(1767‐1837)が著した農書。小西家は庄屋で,農事指導に熱心だったといわれる。自然現象が一定の法則支配下にあるとの信念にもとづき,陰陽説を適用し,作物栽培,肥料,除草などの原理を論じつくそうとした。基礎知識は著者自身の体験だが,記述ははなはだ理論だけ先行した印象をあたえる。1809年(文化6)ごろ脱稿,28年に平田篤胤・篤真父子の協力指導と校訂をへて出版され,ひろく読まれたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農業余話の関連キーワード木下清左衛門

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android