コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業余話 のうぎょうよわ

1件 の用語解説(農業余話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうよわ【農業余話】

摂津国佐保村(現,大阪府茨木市)の小西篤好(あつよし)(1767‐1837)が著した農書。小西家は庄屋で,農事指導に熱心だったといわれる。自然現象が一定の法則支配下にあるとの信念にもとづき,陰陽説を適用し,作物栽培,肥料,除草などの原理を論じつくそうとした。基礎知識は著者自身の体験だが,記述ははなはだ理論だけ先行した印象をあたえる。1809年(文化6)ごろ脱稿,28年に平田篤胤・篤真父子の協力指導と校訂をへて出版され,ひろく読まれたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農業余話の関連キーワード茨木市追手門学院大学梅花女子大学藍野大学佐保小西篤好笹川隆平ホンダ運送ラミネート工業下田工業茨木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone