コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農用地開発公団 のうようちかいはつこうだん

1件 の用語解説(農用地開発公団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農用地開発公団
のうようちかいはつこうだん

農用地開発公団法 (昭和 49年法律 43号) により,1974年設立された公団。農地開発営団,農地開発機械公団の後身で,農畜産物の安定的供給と農業経営の合理化に資することを目的として設立された。開発して農用地とすることの適当な未墾地などが相当の範囲にわたって存在する地域において,農用地および農業用施設を有する農畜産物の濃密生産団地を建設するため,農用地の造成,農機具の売渡しその他の業務を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone