コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農畜産業振興事業団 のうちくさんぎょうしんこうじぎょうだん

2件 の用語解説(農畜産業振興事業団の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農畜産業振興事業団【のうちくさんぎょうしんこうじぎょうだん】

畜産振興事業団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農畜産業振興事業団
のうちくさんぎょうしんこうじぎょうだん

畜産振興事業団と蚕糸砂糖類価格安定事業団が、1996年(平成8)に統合、設立された特殊法人。この統合は、行政改革推進の一環として農産物の価格安定業務の効率的な運営を図ることを目的にしたものである。
 主な業務は、
(1)主要な畜産物の価格安定等の業務
(2)加工原料乳生産者補給交付金および肉用子牛生産者補給給付金等の交付
(3)生糸の輸入に係る調整等の業務
(4)砂糖類の価格安定等の業務
(5)新たな業務として砂糖類関係の振興業務および蚕糸・砂糖類関係の情報収集・提供
などである。2003年(平成15)10月、野菜供給安定基金と統合し、独立行政法人農畜産業振興機構となった。
 なお、畜産振興事業団は「畜産物の価格安定等に関する法律」(昭和36年法律第183号)に基づき1961年(昭和36)に設立、蚕糸砂糖類価格安定事業団は1966年に日本蚕糸事業団として設立されていた(1981年糖価安定事業団と統合)。田 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の農畜産業振興事業団の言及

【畜産振興事業団】より

…このため牛肉,バター,練乳,脱脂粉乳,プロセスチーズなどの輸入を一元的に管理し,輸入価格が国内価格を圧迫しないように,牛肉などについては差益金を徴収する。96年10月,蚕糸砂糖類価格安定事業団と合併,農畜産業振興事業団となった。新事業団は主管省は農林水産省,資本金1704億円(うち政府出資1585億円)。…

※「農畜産業振興事業団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone