コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜産振興事業団 ちくさんしんこうじぎょうだん

4件 の用語解説(畜産振興事業団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畜産振興事業団
ちくさんしんこうじぎょうだん

独立行政法人農畜産業振興機構の前身の特殊法人。畜産物価格の安定を主たる業務目的として 1961年に設立。畜産物の価格安定に関する法律に基づき,乳製品および食肉の価格が大きく変動した場合,買いもしくは売りを通じ価格の安定をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

畜産振興事業団【ちくさんしんこうじぎょうだん】

乳製品・食肉の買入れ保管,売渡し等によって価格の安定や乳業者等の資金調達の円滑化等を図る機関。畜産物価格安定法(1961年)によって設立。1996年,行政改革の一環として蚕糸砂糖類価格安定事業団(1981年設立)と統合され,農畜産業振興事業団となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくさんしんこうじぎょうだん【畜産振興事業団】

〈畜産物の価格安定等に関する法律〉(1961公布)にもとづいて,主要な畜産物の価格の安定,乳業者等の経営に要する資金の調達の円滑化,畜産の振興に資するための事業に対する助成等を行うために1961年12月に設立された特殊法人。主管省は農林水産省。乳製品,食肉について,これらの価格が一定の安定価格帯におさまるように市場介入を行っている。すなわち供給過剰のため市場価格が政府の決める基準価格なり安定下位価格を下まわったとき買い入れて保管し,逆に市場価格が安定上位価格を上まわったとき放出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畜産振興事業団
ちくさんしんこうじぎょうだん

「畜産物の価格安定等に関する法律」(昭和36年法律183号)に基づき1961年(昭和36)に設立された特殊法人。1996年(平成8)に蚕糸砂糖類価格安定事業団と統合し、農畜産業振興事業団となる。田 忠・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の畜産振興事業団の言及

【農産物価格政策】より

…(2)安定価格帯制度 豚肉,牛肉,生糸(繭)が対象品目。市場での暴騰,暴落を防止するため,一定の価格幅を政府が決めておき,市価が下限価格以下になったら政府機関(畜産物は畜産振興事業団,生糸は蚕糸砂糖類価格安定事業団であったが,96年10月に両者が合併して農畜産業振興事業団となった)が買い入れて保管し,上限価格を超えたら放出,売渡しをする制度。生糸への介入で繭価格が一定の基準繭価を維持できるようにしている。…

※「畜産振興事業団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone