近事(読み)キンジ

大辞林 第三版の解説

きんじ【近事】

近頃のできごと。最近の事件。

ごんじ【近事】

〔「ごん」は呉音。三宝に近く事つかえる意〕
〘仏〙 五戒を受けた在家の信者。男を近事男なん、女を近事女によといった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐じ【近事】

〘名〙 近ごろのできごと。〔春秋左伝注‐成公九年〕

ごん‐じ【近事】

〘名〙 (三宝に近づいて奉事する意から) 仏語。五戒をうけた在家信者をいう。男を近事男(ごんじなん)、女を近事女(ごんじにょ)と称した。〔大宝積経‐三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android