コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代官僚制 きんだいかんりょうせいmodern bureaucracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近代官僚制
きんだいかんりょうせい
modern bureaucracy

(1) 規則による職務の配分,(2) ヒエラルキー,(3) 公私の分離,(4) 文書による事務処理,(5) 専門的職員の任用という原則にのっとった,没人格的な技術的手段の合理的体系。近代官僚制を概念化したのは,M.ウェーバーである。しかし,官僚制の弊害の特色としては,縄張り主義,事なかれ主義,組織運営の硬直化などが問題点として出てくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

近代官僚制の関連キーワード官尊民卑家産制官房学外交知行

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代官僚制の関連情報