コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代文学館 きんだいぶんがくかん

百科事典マイペディアの解説

近代文学館【きんだいぶんがくかん】

日本近代文学館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近代文学館
きんだいぶんがくかん

日本の近代文学の図書や原稿、作家の書画、遺品などの資料を収集・保存し、公開するための施設。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近代文学館の言及

【日本近代文学館】より

…近代文学の総合的な図書館・博物館の機能を兼ねたミュージアム。東京都目黒区駒場に所在。1961年秋,立教大学で開かれた大正・昭和の雑誌展がきっかけとなり,主催者の小田切進が高見順,伊藤整,稲垣達郎に呼びかけ,川端康成,久松潜一,木俣修,瀬沼茂樹,中村光夫,平野謙ら多数が加わって文壇・学界240余名の大きな運動となり,各界から基金・資料の協力を受け,63年秋,国会図書館上野支部に文庫を開設,67年春,駒場公園内に建設開館した。…

※「近代文学館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

近代文学館の関連キーワード神奈川県横浜市中区山手町東京都近代文学博物館青森県青森市荒川美里町近代文学館東京都目黒区駒場港の見える丘公園作品(文芸雑誌)中村 真一郎東京都目黒区楠本 憲吉磯田 光一保昌 正夫稲垣 達郎和田 芳恵中村 純一猪野 謙二瀬沼 茂樹中村 光夫塩田 良平小田切 進

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代文学館の関連情報