コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本近代文学館 にほんきんだいぶんがくかん

7件 の用語解説(日本近代文学館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本近代文学館
にほんきんだいぶんがくかん

図書,原稿その他,日本近代文学の資料の収集と保管,公開を目的として,1963年に学界と文壇の協力で創立された財団法人。 66年,東京都目黒区駒場公園内に「日本近代文学館」を建設し,近代文学の専門図書館として 67年に開館した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐きんだいぶんがくかん〔‐キンダイブンガククワン〕【日本近代文学館】

近代文学の関係諸資料を収集・保管・公開するための文学センター。昭和42年(1967)東京都目黒区駒場公園内に開館。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本近代文学館【にほんきんだいぶんがくかん】

東京,駒場公園にある文学センターで,日本近代文学の専門図書館,展示場,ホールなどを備える。第2次大戦後,近代文学研究に資料整備の必要が痛感され,小田切進の呼びかけで,1963年財団法人として発足,初代理事長高見順を中心に文壇,学界などの協力で1966年完成,翌年公開された。
→関連項目伊藤整

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんきんだいぶんがくかん【日本近代文学館】

近代文学の総合的な図書館・博物館の機能を兼ねたミュージアム。東京都目黒区駒場に所在。1961年秋,立教大学開かれた大正・昭和の雑誌展がきっかけとなり,主催者の小田切進が高見順,伊藤整,稲垣達郎に呼びかけ,川端康成久松潜一,木俣修,瀬沼茂樹中村光夫,平野謙ら多数が加わって文壇・学界240余名の大きな運動となり,各界から基金・資料の協力を受け,63年秋,国会図書館上野支部に文庫を開設,67年春,駒場公園内に建設開館した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんきんだいぶんがくかん【日本近代文学館】

近代文学関係の資料・文献の収集、保存、整備、公開を目的に創設された財団法人。1967年(昭和42)東京都駒場公園内に開館。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の美術館・博物館INDEXの解説

にほんきんだいぶんがくかん 【日本近代文学館】

東京都目黒区にある文学館。昭和42年(1967)創立。日本の近現代文学に関する資料を収集・整理・保存し、一般に展示する。
URL:http://www.bungakukan.or.jp/
住所:〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-55
電話:03-3468-4181

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本近代文学館
にほんきんだいぶんがくかん

近代文学専門の図書館・博物館を兼ねたミュージアム。1962年(昭和37)春、高見順(じゅん)、伊藤整(せい)、稲垣達郎(たつろう)、小田切進(すすむ)の呼びかけで川端康成(やすなり)、久松潜一ら113名の文学者・学者が発起し、国・東京都・マスコミなど各界からの援助を得て財団法人を設立、東京・目黒の駒場(こまば)公園内に館を建設、67年秋、トルストイ展で開館した。以後、樋口一葉(ひぐちいちよう)、石川啄木(たくぼく)=土岐善麿(ときぜんまろ)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、有島武郎(たけお)・生馬(いくま)、順、整、達郎、中島健蔵(けんぞう)、太宰治(だざいおさむ)、吉田精一、鈴木茂三郎(もさぶろう)、芥川・直木賞など105のコレクションを収蔵、約100万点の資料中、約1割が肉筆と特別資料。文献・資料の翻刻・復刻、講座などのほか、夏目漱石(そうせき)、幸田露伴(ろはん)、龍之介、武郎、野上弥生子(やえこ)、志賀直哉(なおや)、康成ら100を超える展観のつど多くの新資料を発掘。その影響を受けて各地に多数の資料館や記念館が誕生した。84年秋に大型の姉妹館県立神奈川近代文学館が、横浜の港の見える丘公園内に完工開館。尾崎一雄(かずお)、木下杢太郎(もくたろう)、獅子文六(ししぶんろく)文庫など50万点以上を収蔵する。[小田切進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本近代文学館の関連キーワード開館館長帝国図書館IFLA古代文学ハイブリッドライブラリー近代文学館大英図書館《近代文学ノート》大英博物館図書館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本近代文学館の関連情報