コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近思 キンシ

デジタル大辞泉の解説

きん‐し【近思】

自分の身近なところから考えていくこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんし【近思】

〔論語 子張
自分の身について反省すること。自分の身のまわりから考えていくこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

近思の関連キーワード社会(society)紅炉上一点の雪小篠吉左衛門近思録崩れ伊地知季安太田 善男島津斉興島津斉宣島津重豪山口菅山貝原益軒山崎闇斎元田永孚佐藤一斎本多秋五横井小楠桜田虎門稲葉迂斎大沢鼎斎古賀精里

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android