近江ジン(読み)おうみ ジン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江ジン おうみ-ジン

1890-1965 明治-昭和時代,石川啄木の愛人。
明治23年10月15日生まれ。釧路(くしろ)の料亭しゃも寅の抱え芸妓(げいぎ)で小奴(こやっこ)と称した。明治41年19歳のとき啄木と交遊,十数首の歌によまれた。のち逸見豊之輔と結婚するが離婚。母のいる旅館近江屋の女将(おかみ)となった。昭和40年2月17日死去。74歳。北海道出身。旧姓は渡辺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android