コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江泥棒伊勢乞食 オウミドロボウイセコジキ

デジタル大辞泉の解説

近江(おうみ)泥棒伊勢(いせ)乞食(こじき)

近江の人は商才にたけ、伊勢出身の人は勤倹に努めて、ともに商人として成功した者が多かったところから、宵越しの金は使わないと自負する江戸っ子負け惜しみに言った言葉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうみどろぼういせこじき【近江泥棒伊勢乞食】

商才のある近江商人や倹約家の伊勢商人が江戸で成功していることを、江戸っ子がやっかみからののしっていった言葉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone